WordPress ナビメニューに最新記事への動的リンクを追加できるプラグインを公開しました

概要

ナビメニューに、カスタム投稿タイプのアーカイブページへのリンクと、最新記事のシングルページへの動的リンクを追加できるプラグイン。

新しい記事が追加されると、最新記事のシングルページへのリンクは動的に変化する。

使い方

1. Dynamic Latest Post in Nav Menu プラグインをインストール(Dynamic Latest Post in Nav Menu
2. 管理画面から有効化
3. 「外観 > メニュー」から設定

機能詳細

プラグインをインストールして有効化すると、「外観 > メニュー」に、ArchiveLatest という項目が追加される。

dlpinm001

Archive: カスタム投稿タイプのアーカイブページへのリンク
Latest: カスタム投稿タイプの最新記事のシングルページへのリンク

例)
現在ニュースというカスタム投稿に、news1、news2という2つの記事が投稿されていた場合、Latestのメニューのリンク先はnews2のシングルページとなる。その後news3という記事を新規投稿した場合、リンク先はnews3のシングルページに動的に変化する。
パーマリンク構造を変更した場合も自動的に同期される。

開発の経緯

ニュースというカスタム投稿を定義して、メニューに「ニュース」という項目を追加する場合、リンク先としてなにが考えられるか?
ニュース記事一覧のアーカイブページにリンクするのであれば問題ない。URLも常に固定となる。
しかし、クライアントの要件として、アーカイブページは存在させず、シングルページのみのサイト構成も考えられる。
その場合、「ニュース」というメニューのリンク先は最新のニュース記事のシングルページになる場合が多い。
このLatestシングルページは、記事が追加されるたびに動的に変化していく。

解決策のひとつは、アーカイブページのテンプレートに最新記事を表示するようにコーディングすること。
これで見た目は最新記事のシングルページと同じになり、URLも常に固定となる。
しかし、SNSボタンやブックマークされることを考慮すると、固定URLの内容が動的に変化する方がマズい。
アーカイブページのURLの内容は、記事が追加されるたびに変化してしまうから。
やはり最新記事へのリンクメニューは、最新記事のシングルページでなければならない。

以上の要件を実装するために今回のプラグインを開発し、公開しました。