Coda2 + GitHub + WordPress SVN

Macユーザならみんな使ってるCoda

ver.2から、バージョン管理システムとして、SVNに加えてGitも扱えるようになったので、Coda2でGitHubとWordPress SVNを管理する方法。

MacOSX Mountain Lionから、gitとsvnはマニュアルセットアップになったので、Xcodeをインストールしておく必要がある。

GitHub

1. SSH KeyをGitHubに登録

GitHub > Account Settings > SSH Keys > Add SSH key

使用するマシンのSSH Keyを追加しておく。

* SSH Keyの生成方法が分からない?

$ ssh-keygen -t rsa -C “E-mail Address” -f ~/.ssh/id_epub

生成される /Users/(username)/.ssh/id_rsa.pub の中身がSSH Keyです。

* .sshディレクトリが見つからない?

Finderに隠しファイルを表示

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
$ killall Finder

戻す

$ defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles
$ killall Finder

2. GitHubに新しいレポジトリを作成

GitHub > New repository

3. ローカルルートにレポジトリをクローン

Coda2 > サイトの追加

「サイト名」と「ローカルルート」を設定

> ソース管理 > Gitレポジトリをクローン

「レポジトリURL」と「パスワード」を設定してクローン

121212-0003

レポジトリURL: GitHubレポジトリのSSH(Read+Write access)
パスワード: GitHubアカウントのパスワード

121212-0002

4. 更新する

ローカルルートにクローンされたレポジトリ内のファイルを更新する。

5. コミット

Coda2 > SCM

121211-0030

「追加」→「コミット」→「プッシュ」の順で実行する。

121211-0031

121211-0033

121211-0034

GitHub上に反映されているのを確認

WordPress SVN

1. チェックアウト

Coda2 > サイトの追加

「サイト名」と「ローカルルート」を設定

> ソース管理 > Subversionチェックアウト

「レポジトリURL」と「ユーザ名」「パスワード」を設定してチェックアウト

121207-0004

レポジトリURL: WordPressからメール通知されているSVNレポジトリURL
ユーザ名: WordPressアカウントのユーザ名
パスワード: WordPressアカウントのパスワード

* trunkディレクトリにプラグインファイルが格納されている

2. 更新する

ローカルルートのtrunkディレクトリ内のファイルを更新する。

バージョンアップしてユーザに通知する場合、必ずプラグインファイル内の”バージョン情報”を更新すること。

<?php
/*
Plugin Name: ...
 ...
Version: 1.2.0
*/

3. コミット

Coda2 > SCM

すべてコミットする。

WordPressのプラグインのページが更新されていることを確認。